自律神経失調症

私たちは、肉体を持って生活、活動していますが、骨格や筋肉を動かしているのは、神経からの電気信号です。意識を持って脳から出た命令が、身体をを動かして、私たちは動く事が出来ます。この神経を体性神経と言います。また、内臓や腺にも脳からの命令が伝えられます。これは意識とは関係なく自動的に命令が送られて、日々調節されています。この神経を自律神経と呼んでいます。

【このページの目次】
自律神経の働き
交感神経と副交感神経の作用
自律神経のリズム
自律神経の絵
本態性型自律神経失調症
心因性自律神経失調症
うつ病と自律神経失調症
不安神経症と自律神経失調症

自律神経の働き

自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれます。交感神経は興奮させる神経で、副交感神経は興奮を鎮めて、からだをゆったりとさせる神経です。

▲自律神経失調症の目次へもどる

交感神経と副交感神経の作用

交感神経、副交感神経のそれぞれの働きが活発になると、次のようなことが身体に起こります

                    
不眠.jpg↓↓交感神経↓↓
 
心臓・・・鼓動が小さくなり速くなる          
血管・・・小動脈と毛細血管が収縮(顔面蒼白)  
血圧・・・上昇                      
瞳孔・・・拡大
腸管・・・蠕動運動が抑制される(便秘)       
気道・・・気管支が緩む                
立毛筋・・・収縮(鳥肌)                





副交感神経.jpg↓↓副交感神経↓↓

心臓・・・拍動が大きく遅くなる
血管・・・血管拡張(顔面紅潮)
血圧・・・下降
瞳孔・・・縮小
腸管・・・蠕動運動が亢進する(下痢)
気道・・・気管支が収縮する
立毛筋・・・拡張

日中は交感神経が働いて、夜に寝ているときは、副交感神経が優先的に働いています。これから寝ようという時に交感神経が活発になっていると、目がパッチリと冴えて寝られなくなってしまう事は皆さんの経験でもありますよね。
 
▲自律神経失調症の目次へもどる

自律神経のリズム

自律神経のバランス.jpg通常、自律神経のリズムは、日中は興奮を起こし、活動を促す交感神経が働きます。休むときは副交感神経が働き、身体を回復させようとする働きが起こると共に、身体を修復させるよう働きます。
不規則な生活習慣や、季節のかわりめ、転職や引越しなどの環境の変化によっても、自律神経の切り替えがスムーズでなくなり、リズムが狂います。

▲自律神経失調症の目次へもどる

自律神経の絵

◆交換神経は背中の脊髄神経が主に仕事を担っています。

◆副交感神経は脳の下部から走行している脳神経と、骨盤の中心の仙髄から走行する神経が主にその働きを担っています。

解剖学的にも頭蓋骨の調整、骨盤の調整、脊椎の調整は、自律神経のバランスに大きな影響を与えていると考えられ、ここの調整は、実際に大きな効果を発揮しています。

ヘルペスなどの感染症の後遺症で残る神経痛や、自律神経失調症の不調は、脊椎の調整、頭蓋骨の調整、骨盤の調整によって、解放に向かう事がとても多くあります。メディカルチェックが必要ですが、カイロプラクティックとの併用治療は、米国においても通常よく行われています。

▲自律神経失調症の目次へもどる

本態性型自律神経失調症

本態性自律神経失調症.jpg心理的な要因のないタイプの自律神経失調症です。自律神経の症状は異常状態を示しますが、精神的なことでの変化が少なく、体質的な遺伝や、元々の個性的な要素で発病していく自律神経失調症です。乗り物酔いをしやすかったり、お腹が痛くて学校をよく休んだり、すぐに下痢や嘔吐をしたりするようなタイプの方がこれに当たります。ただし、体質的に自律神経のバランスを崩しやすい人でも、精神的なストレスが加わっている事も、当然のごとくあるわけです。

▲自律神経失調症の目次へもどる

心因性自律神経失調症

心因性自律神経失調症.jpg心のストレスが原因となって自律神経のバランスを崩してしまうタイプの方です。性格や考え方などのきっちりしたタイプの型に多いようです。最近のストレス社会では、心因的な要素で自律神経のバランスを崩すタイプの方はとても多いようです。このタイプの場合、肩は常に張っていて、体中がいつも緊張しています。この為、肉体的にも精神的にも休む暇がないような状態になっています。
 
▲自律神経失調症の目次へもどる

うつ病と自律神経失調症

うつ病.jpg自律神経失調症とよく似た症状で、最近よく聞く「うつ病」があります。うつ病は、気分が沈んだり悲しさやむなしさといった感情が強くなり、やる気がなくなってしまうといった精神的な疾患に分類されます。両者の区別は精神的な力強さが、どれだけ存在しているかといった事です。うつ病の場合は、精神的な力強さは低下し、精神症状が主な症状になります。逆に自律神経失調症の場合は精神的な力強さはあまり低下していません。しかし、両者の区別は非常に曖昧です。
 
▲自律神経失調症の目次へもどる

不安神経症と自律神経失調症

神経症.jpg神経症は、心の病です。不安心や恐怖心が強く、心配する必要がないところで、常に不安や恐怖の念が存在しています。この様な不安心や恐怖心は、どなたでも、ある程度漠然と抱えています。これらの感情は、まったく不用ではないですが、過剰になると、この病名がつきます。神経症でも自律神経失調の症状が出ますが、不安や恐怖から出てくる症状と考えられています。

▲自律神経失調症の目次へもどる

スポンサードリンク

All About [肩こり・腰痛]登録サイト
 
トップページ| 自律神経失調症| 自律神経失調症の症状1 | 自律神経失調症の症状2 | 自律神経失調症の原因 |自律神経失調症の治療 |
自律神経失調症の予防と対策 | カイロプラクティック・整体で著効を示す自律神経失調症の症状別症例 | 自律神経失調症の認知度