自律神経失調症の認知度

自律神経失調症はなかなか理解されません。どうしたら、この辛さが理解されるでしょうか。

【このページの目次】
理解してもらえない自律神経失調症
家庭において自律神経失調症は理解されるか
学校において自律神経失調症は理解されるか
職場 において自律神経失調症は理解されるか
医療機関において自律神経失調症は理解されるか
自分自身は自律神経失調症を理解しているか

理解してもらえない自律神経失調症

理解されない自律神経失調症.jpg自律神経失調症の皆さんは、病院で多種多様、時によっては肉体的、精神的に非常に過酷な検査を受けています。その結果はどうでしょう?検査上は何も問題がないという結果です。これだけ辛い症状なのに、何で異常がないのでしょう。これが自律神経失調症の厄介なところでもあり、周囲の人にとっては、『さぼり病』や『仮病』にしか見えない訳で、到底理解してもらえないのが事実です。病気は何でもそうですが、本人が経験しないと理解できないのも事実です。かと言って、無視してはいけない病気ですし、最近では、社会的にも大分認知されつつあるようです。出産の苦しみは、男性にはわからないのですから、それを理解しようとする社会体制がどうしても必要になってきます。そうでなければ、現代医療の最先端でも解明できないような、いわゆる難病は、全て『仮病やたるんでいる』ということになり兼ねません。

▲このページのトップへ

家庭において

家で無理解の自律神経失調症.jpg自律神経失調症は、家庭においても受け入れが難しい病気の一つです。しっかりとした診断がつけばよいですが、病院に行っても「ストレスですよ!」「気のせいですよ!」などと言われて済んでしまう事が多いからです。本人はやっとの決心で病院を訪れ、何とか治したい一心で診断を受けますが、肝心な検査結果は陰性であることが多いのです。検査結果が陽性であっても、的確な治療は今のところ少ないのも事実です。大事な事は、まず医療機関がこの症状を病気として認知して、家族にも説明するという事だと思います。これが出来れば、いちばん治療の味方になってくれるのは、家族の暖かい見守りであり、家族の温かい目は、何よりも大きな薬となる筈です。当然、家族が治療してくれるのではないので、自分自身で直す努力をしていかなければなりません。家族が一丸となって、しっかりと病気と向き合う事、病気をよく知ることが、治療の第一歩になると思います。

▲このページのトップへ

子供は学校において

学校で無理解の自律神経失調症.jpg学校においても、自律神経失調症の認知は、大変重要な要素であると思います。これらを見逃して、「サボっている」「怠けている」と決め付けてしまえば、子供の人格はあってないようなものです。友達においても、誤解を招いてしまうような事は、本人だって望んでいないのです。家庭や学校がこの自律神経失調症を認知する事で、病気の人(子供)は、しっかりと病気を治していく足場が出来ます。まずは医療機関がしっかりとした認知をして、本人(子供)や家族に伝える事が大切であると思います。

▲このページのトップへ

職場において

会社で無理解の自律神経失調症.jpg職場においても、自律神経失調症に対しての認知は大切です。また「サボっている」「仕事が出来ない」「付き合いが悪い」などと決め付けず、しっかり自律神経失調症を認知して、患者さんが立ち直るのを温かい目で見守ってあげるなりの理解と知識を持ちたいものです。

▲このページのトップへ


医療機関において

病院でわかってくれない症状.jpg一番大切な役割を担っているのが医療機関であるはずです。しっかりとした診断を下し、しっかりとしたアドバイスをする。そして、家庭、職場、学校でも安心して社会生活が営めるよう、正しい知識を社会に伝えていかなければならない義務があると思います。これが出来ななければ、患者さんは絶望し、将来を悲観してしまうでしょう。しっかりとしたアドバイス、治療マニュアルを、患者さんや家族に渡すくらいの気持ちを持っていただきたいと熱望します。

▲このページのトップへ

自分自身において

理解できない自律神経失調症.jpg最も大切なのは本人です。本人が自律神経失調症についてよく知って、しっかりとした知識を学び、自分自身で体調を整える手段を構築しなくてはならないです。いつまでも医師が治してくれると思っていたら、この病気が治るのは難しいと思っていいです。薬はなかなか治してくれません。家族だって治してはくれません。しかし自分が戦えば、必ず手を差し伸べてくれるのも家族です。うっとうしい時もありますが、後で思えば感謝以外の何者でもありません。正しい知識を得て、しっかり立ち向かいましょう。私はこれでコントロールを最大限可能にしています。

▲このページのトップへ

All About [肩こり・腰痛]登録サイト
 
トップページ| 自律神経失調症| 自律神経失調症の症状1 | 自律神経失調症の症状2 | 自律神経失調症の原因 |自律神経失調症の治療 |
自律神経失調症の予防と対策 | カイロプラクティック・整体で著効を示す自律神経失調症の症状別症例 | 自律神経失調症の認知度